美風庵だより

風にちる 花のゆくえは 知らねども

パソコン到着。

f:id:bifum:20190916000952j:plain
f:id:bifum:20190915214351j:plain

パソコンを買い替える。 - 美風庵だより

赤貧です。

新しいノートパソコンが到着したので、さっそく起動して、7年使った東芝Dynabookからのデータ移行をやっております。

7年間の進化というのはすごいもので、256GBのSSDと1TBのHDDを内蔵しているため、これまで外付けHDDで保存していたデータが、すべてなかに入ります。これまで、nimocaのカードで認証する外付けHDDにデータを保存し、とくに重要な部分だけを内部に保存していました。

これからは、内部のHDDを正本として、外付けHDDを副本とする運用に切り替えられます。

ブラウザやメーラーについては問題ないのですが、すでに開発が止まっているエディタなど、windows7から引き続いて使いたいものについては、簡単にはWindows10で動いてくれず、少々てこずりました。

例えば、terapadは最終バージョンが2012年11月リリースです。普通にそのまま使用すると、画面で文字がぼやけてよく読めません。「互換性」→「高DPI設定の変更」を行なうとぼやけが解消します。気づくのに1時間浪費しました。

ほかにも、外付けHDDの電源を切断するオプションが標準で追加されていたりと、細かい部分にトラップが多く、20時に開封して、この日記が入力できるところまで設定が終わったのが0時半でした。

とはいえ、以前のような大手メーカー品なら、最初から一回リカバリして余計なソフトを抜いてから再度設定しなおしていたことを考えると、マウスコンピューターという会社も悪くはないな、と思います。ひとつ難点を言えば、キートップがちゃちなことでしょうか。ただ、これはべつにマウスに限った話ではなく、現在売っているどこのメーカーもそうなのですが。

あと、これは仕方がないことなのですが、弥生会計を新しいパソコンにインストールできませんでした。現在、個人事務所を休業中で、保守サポート契約を解約しているため、最新版が入手できないことによるものです。休業中なのにわざわざ新品は買いません。もったいない。

法人関係の申告だけは、windows7でやらないといけないようです。残念。

(2019.09.16記述)