美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

パイロットリッジ

以前購入して、2種類とも仕事場で使用しています。

使用頻度からいえば、あきらかに3色ボールペン+シャープペンシル(3+1)のほうが上です。

3色ボールペンにシャープを内蔵しているのに、安い多色ボールペンよりも細く、シャツのポケットに挿しっぱなしにして違和感がありません。使い心地も良好です。

4色ボールペン+シャープ(4+1)のほうは、パイロット側も高級感を意識して設計・製造しているせいか、軸がすこし太めで、握ったときに安定感はありますが、持ち歩くには少し重い印象があります。

両者の替え芯の型番は同じなので、ふつうに考えれば同じような書き味になると思うのですが、軸重の違いか、組み立ての精度の違いか、4+1のなほうが少し重めに滑ります。

購入するとき、「4色目(緑色)が選べるかどうかで、値段がほぼ倍?」と思っていましたが、商品の性格付けにあきらかな差があります。おそらく4色目がどうしても必要で4+1を購入する層はほとんど居ないのではないでしょうか。3+1の、普段使いに向いた操作性と軸の太さを選ぶか、より握りやすく圧をかけて書きやすい4+1の高級さをとるか。そこに違いがあると思われます。

個人的には、もし買い換えるなら?と言われたら、やはり実用しやすい3+1のほうでしょう。

多色ボールペンはほかにも、アクロボール3+1も使っています。機能的には申し分ないのですが、プラスティック製部品が多いためか、よく手にあたる部分はカドがとれて丸くなってきました。耐久性という点では、やはり金属製部品の多い商品にはかなわないようです。ただ、こちらはボールペンの芯もプラスティックなので、インクの減り具合が目で見てわかる利点があります。

多色ボールペンもいろいろなメーカーから出ていますが、インクのすべり具合を考えると、いまのところはパイロットかな、といった感じです。ほんとうは、三菱鉛筆やゼブラなども試してみないといけないのですが……。