美風庵だより

幻の花散りぬ一輪冬日の中

名古屋市北区 綿神社

goo.gl

安曇族が移住した痕跡ではないかとされている神社で、今回はじめて訪れました。

f:id:bifum:20190616124542j:plain

 案内板で「志賀」が強調されているのは、地名の「元志賀町」に対応しているのだと思います。

f:id:bifum:20190616124521j:plain
f:id:bifum:20190616124528j:plain

鳥居の横にも案内板があります。

二人の玉依姫の違い : ひもろぎ逍遥

玉依姫は複数世代が名乗った名前で、いわば「*代目市川團十郎」みたいなものなので、竜宮城の乙姫さんとはかぎらないようです。 とはいえ、安曇族の有名人ですから、祭神に選ばれたのでしょう。

f:id:bifum:20190616124751j:plain
f:id:bifum:20190616125426j:plain

社殿は鉄筋コンクリート造りで、ぐるりと一周していたところ、なんと橘紋がついていました。……どこから来たのかが謎です。志賀海神社は巴紋、風浪宮は州浜紋で、安曇族ならこのあたりのような気もするのですが。

(2019.06.16訪問)