美風庵だより

風にちる 花のゆくえは 知らねども

ロボット掃除機その後

f:id:bifum:20190609162553j:plain

1月3日に注文したロボット掃除機は、あいかわらず順調に働いてくれています。
午前中は9:30からのタイマーで掃除をはじめ、帰宅後に、とくに気になる部屋に持ち込んで手動でスイッチを入れる状況は、まったく変わっていません。一日4時間くらい働いてくれます。
お客さんもめったに来る家ではないので、カーペットは巻き取って掃除機のじゃまにならないようにしています。たまにお客さんがくるとビックリされますが。
寒い時期は家を閉め切るため内蔵のゴミ箱に溜まる量はたかがしれていたのですが、気温があがって窓を開け放す時間が増えると、急にゴミが増えました。外から飛んでくるほこりがこんなにあるのかと、おどろくしかありません。
最初、ロボット掃除機導入してすぐのころはすぐにフィルターやブラシがへばっていたのですが、汚れが片付くと、あまりへばらなくなりました。おそらく、負荷が減ったのではないでしょうか。
気になる点は、ほこりが腹部につきすぎると、センサーの感度が落ちるのか、あちこちにぶち当たるようになります。そのようなときは、少し濡れたタオルで腹部を拭き、乾かしてあげると、ちゃんと障害物を回避するようになります。
amazonのレビューを見ると、使っているうちに性能が落ちてくるといった書き込みがあります。
ちゃんとセンサーの汚れを拭き取ったりしているのかな?と思うのですが、使用環境はそれぞれ違いますから、なんとも言えません。
車輪がプラスチックのため、段差を超えるときにはそれなりに音がします。人間なら目で見て溝を回避するのですが、とにかく機械は直進するしか芸が無いため、がたん、とけっこうな音がします。5か月使ってみて、不満はこの2点でしょうか。