美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

インスタント緑茶

 

f:id:bifum:20190309204336j:plain

貧乏話にはことかかない赤貧です。
気になったので買ってみたインスタント緑茶です。100本入りで安かったということもあります。職場で気が向くままに自販機や売店でお茶やコーヒーを買っていたら、いよいよお金がなくなってしまいます。水道水でも溶けるインスタントコーヒーや緑茶で、我慢するしかありません。
給湯室で自分で薬缶でお湯が沸かせるor電気ポットを常時使っていても誰も文句を言わないくらいの身分になってみたいものですが、たぶん一生無理でしょう。
買って実物を手に取って気づいたのですが、5年ほど前に購入したもののパッケージ違いでした。決してまずくはないのですが、缶入り(PET入り)緑茶同様、微妙な匂いがあります。乾燥させる際に使用する薬剤(物質)の影響なのですが、やはり今でもこの匂いは健在のようです。この匂いがしないインスタントを発明したら、オタク以外は茶葉からお茶を淹れないようになる気もしますが、そういう技術革新は難しいのかもしれません。