美風庵だより

風にちる 花のゆくえは 知らねども

「赤穂義士」

赤穂義士 (講談社文庫)

赤穂義士 (講談社文庫)

 

立原正秋さんの「残りの雪」を読了して、つぎに海音寺潮五郎さんの「赤穂義士」を読んでいます。小説というより登場人物に関する評伝で、物語のどこがポイントなのかを掘り下げて解説する読書ガイドといった感じです。しかし、作者はじつに詳しい。漫然と読んでいてはわからない世界が、こんなにいろいろとあるのですね……。自分の無知ぶりを恥じ入るばかりです。