美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

「繁栄の昭和」

繁栄の昭和 (文春文庫)

繁栄の昭和 (文春文庫)

 

既発表作品のどこかで見た記憶のあるいろいろな仕掛けが、ゆるくやわらかく過去へのオマージュを装いながら、あらたな小説となってあらわれた感じがする作品集です。
新しい刺激を求めて手に取ったひとたちにはマンネリ気味な感じもするでしょうが、過去を追慕する姿勢を共感できるむきには、こころよい読後感がえられるでしょう。過去のドタバタ小説や攻撃的なジュンブンガクのほうが、しょうじき好きなのですが、この抒情性も、悪くありません。