美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

甲子の日

唐突ですが、1月27日は甲子の日です。
甲子の日に財布を使いはじめると金運がリセットされるという話は、過去に何度か取り上げています。
今回は、方位の話をしようと思います。
 
2019年1月27日は北東に向けて出かけると良いとされています。お金が100倍になって戻ってくるとされていますので、当たればもうけもので遊んでみるのもよろしいかと思います。
 
遊んでみるうえで考慮すべきは、交通手段の出発時間です。
 
たとえば電車を利用するときは、起点となる駅から出発する時間が基準となります。
クルマだと、駐車場から出発する時間です。もっとも効果があるのは徒歩とされており、この場合は、自宅の玄関を出る時間と言うことになるでしょう。
 
1月27日甲子の場合、出発に適した時間は以下のとおり。

・1時~3時

・5時~7時

・11時~13時

・15時~17時

・17時~19時

このいずれかの時間に、駅、駐車場、自宅を出発し、約2時間で移動できる範囲を目的地とします。途中、5分以上の休みをとってはいけません。延々と移動していなければなりません。
目的地には、最低2時間滞在する必要があります。その際、現地の神社やお寺で清めの砂(御神砂など)をいただけるところがあれば、もらって帰ります。
もし自宅に清めの砂を置いているときは、ビニール袋に入れて現地に持参し、現地の神社やお寺に撒きます。土をもらってくるだけでなく、自宅の土を現地に持っていくのも、方位取りのポイントです。
 
赤貧の場合、北東にあたるのは田川・小倉・下関・山口方面です。27日に仕事で出かける用事はありませんが、なにかほかの用事をみつけて、小倉・下関方面に出かけようと思います。
しかし、お金が100倍といっても10円のお賽銭が1000円では交通費すらもとがとれない気もします……。
縁起かついで、北東にあるパチンコ屋に徒歩で向かってみるくらいで、よろしいのではないでしょうか。