美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

ホワイトオークあかしレッド

f:id:bifum:20181215181247j:plain

江井ヶ島酒造さんのHPから、ここ甘木ではみかけない種類の商品を1本ずつ注文し、ぜんぶ開封して一杯ずつ味見をしてみた赤貧です。
最後に残ったホワイトオークあかしレッドを試してみることにします。
これは、江井ヶ島酒造さんの製品に興味をもつきっかけとなった「ホワイトオークあかし」の廉価版という位置づけです。
呑んでみて感じるのは、輸入ウィスキー由来と思われるあっさりした甘みです。ホワイトオークゴールドのスピリッツで希釈した味わいともことなります。
まったく意外なことですが、単純にスピリッツでモルトウィスキーを希釈した「ホワイトオークゴールド」のほうが、旨いような気がします。むろんこれは好みの問題で、赤貧は江井ヶ島酒造さんの製品を好意をもって評価していますが、ネットを眺めるかぎり、輸入物にだいぶ劣るという評価もあり、好みというのはなかなか難しいと感じてしまいます。
輸入物に劣ると評価するひとのHPを眺めていると、個性のつよいものに高評価を与えていますので、すっきり飲みやすい晩酌酒である江井ヶ島酒造の製品は、もともと求めているものがことなるのだとおもいます。
以下は推測ですが、味わいからみて、おそらくこういう商品構成なのではないでしょうか。
自社製造モルトを使用した「シングルモルトあかし」の輸入グレーンウィスキー混合版が「ホワイトオークあかし」、自社製スピリッツ希釈版が「ホワイトオークゴールド」。
輸入モルト+輸入グレーンが「ホワイトオークあかしレッド」、輸入モルトのスピリッツ希釈版が「ホワイトオークレッド」。
個人的には前者のほうが好みですが、酒の味は好みがあるので、後者のほうが好きというひとも居ておかしくはないでしょう。