美風庵だより

幻の花散りぬ一輪冬日の中

シングルモルトあかし 日本酒カスク

f:id:bifum:20181208163738j:plain

製造元の江井ヶ嶋酒造のHPに「香り:乳酸系」とあり、「日本酒樽で熟成させると酸っぱいのか?」と半信半疑で購入した「日本酒カスク」です。
ひとくちストレートで含むと、重くどっしりしています。この味はどこか記憶にある……としばらく思案してみると、新樽熟成させたニッカ余市シングルカスクの雰囲気に似ています。味が濃く、これまで呑んだ「ホワイトオーク」2種類や「あかし」と、だいぶ様相が違うのにびっくりします。
500mlで6,000円ですから決してお手頃な商品ではありません。700ml換算で8,400円で、宮城峡シングルカスクが限定商品で手に入ったころの値付けとほぼ同じです。
ちょっと贅沢をしたい日に呑む1本として、取り置きしておくにはよいでしょう。