美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

穴守稲荷神社その2

f:id:bifum:20181202073908j:plain
f:id:bifum:20181202074425j:plain

2日、福岡に戻るまえに、再度、穴守稲荷神社に立ち寄りました。御神札と御神砂をいただき、境内をぐるりとあらためて一周しました。奥宮や摂社があった位置には重機がはいっていて、2年かけてキレイになったあとの穴守稲荷が楽しみになってきました。狛犬代わりの御神狐像が台座ごとなくなっているとおもったら、奥宮の仮殿の裏でシートをかけて安置されていました。
楽殿の前に、奥宮にうずたかく積み上げられていたミニチュアの鳥居と、御神狐がありました。一部は本当に無造作に積み上げられており、まさかここで2年間雨ざらしとは思いませんが、もう少し丁寧に扱ってもよいのでは……。
次に来るのは、29日と30日です。今月また来ます、と狐塚に声をかけて、羽田空港へ向かいました。