美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

榊の種をとる。

f:id:bifum:20181123115304j:plain
f:id:bifum:20181123163853j:plain
f:id:bifum:20181123170117j:plain

25日、地元の町内会が管理している神社の秋祭りです。23日に、境内の清掃をしました。お榊の木にいっぱい実がついていたので、いくらかいただき、帰宅して実を洗いながら潰して種をとり、小さな鉢に3粒ずつまいて様子をみることにしました。
お榊の黒い実をそのまま埋めても芽はでません。果肉に発芽抑制物質があり、鳥が食べて糞と一緒に排出され、そこで育つように考えられているからです。実を水の中でもみ洗いし、浮いてくる種をとって鉢に軽く埋めるようにすると、だいたい2分の1くらいの確率で芽がでます。芽が出た後も、気温などに気を配らないと枯れてしまうため、最初の年はなかなか面倒ではあるのですが。