美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

壊れかけの側溝

f:id:bifum:20181117141326j:plain

18日、小倉に出たついでに、足立山妙見宮に久しぶりにお参りしました。
結婚式が行われたのか、新郎新婦の記念撮影が行われていました。
階段で七五三の男の子が家族と写真撮影していました。
拝殿のなかでは、これも七五三とおぼしき祈願が行われていました。
まず拝殿にお参りして、薬師堂と、3つあるお稲荷さんにそれぞれ手をあわせます。ぐるりと一周して、神棚の御神札をいただいてから、歩いて山を下ります。
途中、バス停の手前で樹木が太りすぎて潰れそうな側溝を一枚。
歩く側にとっても邪魔だし、車のすれ違いにも邪魔なのだから切ればよいとおもう反面、ここまで太っていまさら切り倒すのも可哀想という気もします。なかなかむつかしいものです。