美風庵だより

幻の花散りぬ一輪冬日の中

無核紀州の苗が到着しました。

かんきつ・無核紀州 | かんきつ類 | 果樹の苗/全品目から選ぶ | 種・苗・ガーデニング用品の【タキイネット通販】

f:id:bifum:20181028201104j:plain
f:id:bifum:20181028195751j:plain

タキイ種苗で注文していた無核紀州の苗が到着しました。とりあえずその日のうちに、洗浄・乾燥させた中古のスリット鉢に植えつけました。根の張り具合を見ていると本当にこれが活着するんだろうか?と疑問もあります。納品書と一緒に「前回の植え替えから近いため取り扱いに注意するよう」書かれたメモが入っており、疑問は確信にかわりましたが、まぁ、春まで芽の動きをみながら待つとしましょう。
急に肥料をあげたりいろいろとこねくりまわさないようにしなければ……。
 
ところで、紀州ミカンがマイナス何度まで耐えられるかgoogleで調べていたところ、自然栽培と称して畑に植えつけて放置し、柑橘類をかたっぱしから枯死させているホームページを発見しました。無農薬栽培というのはいっけん理想的に見えますが、周囲がきちんと薬品で防除をしているなかで、ひとりだけ無農薬を貫くと、虫にエサを提供しているのとかわりません。しかも目が行き届かない地植え栽培……よほどおカネを捨てることに興味がある変人なのでしょう。ちょっと赤貧には理解しがたいことです。
……調べたところ、どうやらマイナス5度というのが目安らしい。今年は早めはやめに室内に避難させ、枯死させないようにせねば……。