美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

御神砂に粗塩

f:id:bifum:20181022180736j:plain

 

 先日購入した本に、御砂取りについて、いただいた御砂を清めるため、粗塩を混ぜるべきという記述がありました。さっそく穴守稲荷の御神砂に粗塩を混ぜて、平皿にのせて玄関の両側に置きました。吉方位に行って勝手に取ってきた砂と、神社が配っている福砂の扱いが同じか?という気もしますが、試してみる価値はあるかもしれません。
ただ、いちどこうやって砂に粗塩を混ぜてしまうと、旧くなったら鉢植え用の用土に混ぜ込んで利用するというテが使えません。あらたな処理先を探す必要があるわけで、それもまた困るところではあるのですが。
この本によれば、逆に自宅の土を吉方位に持ち込む方法もあるそうなので、塩入りの砂を溜めこんで棄てにいくのもよいかもしれません。