美風庵だより

風にちる 花のゆくえは 知らねども

町内会の中間監査

22日、赤貧は午後1時から町内会の中間監査でした。
会計監査と言っても会計ソフトから出力したA4数枚の入力結果と、通帳と領収書を照合するだけですから、ほぼ仕事はありません。たかがしれています。いちばんおおごとは、地元の神社(天満宮)のお賽銭数えです。今年前半で、23,700円入っていました。100円玉と50円玉と10円玉ばっかりで23,700円あったのですから、まあ、上出来ではないでしょうか。
しかし、半年に一度、賽銭箱をひっくり返して中を数えていて思うのですが、あいかわらずガムの包み紙とか、飴玉の包装紙とか、パチンコ屋のメダルとか、なにかのお薬の包装シート(google先生によると高血圧の薬?)とか、どこの罰当たりかわからん連中がとんでもないものをけっこう入れているのに驚きます。
賽銭箱から見える位置にふたつきのゴミ箱を置いていてこれなのですから、意外と世も末なんじゃないかと思いつつ、おカネを数えていた赤貧でした。
町内会の中間監査がおわったら、今度は自分の個人事務所の決算です。面倒が多いなあ……。