美風庵だより

幻の花散りぬ一輪冬日の中

豚汁は意外と経費がかかるらしい

先日、近所にある店で「新メニューとして欲しいものがあるか」と質問されました。
「焼き魚定食なみの値段で豚汁定食をつくってはどうか。豚汁とごはんと漬物だけ。むかしは福岡空港の3階の風月にあったが、いまはなくなった。重要な点は、さといもやじゃがいもを使って、さつまいもは使わないこと。さつまいもを入れると甘口になりすぎ、根菜の味を邪魔する。こういう基本の和食に近い献立はどう?」と言って、そのことをすっかり忘れていました。
どうやら本当に検討したらしく、「野菜高騰と手間を考えると焼き魚定食並みの値段で出すのは不可能」と、返事がありました。
(a)野菜がまず高く、他の野菜多めのメニューを値上げできないか検討中である。そんなご時世に(略)
(b)まかない料理のように一回こっきり食べきりであれば作れるが、ずっと加熱し続けると味が落ちるためメニューに常時載せられない。
(c)牛丼チェーンのように事前に具材を煮込んで下ごしらえしておき、客の注文が来たら、下ごしらえした具材のレトルトパックと、味噌汁そのもののレトルトパックを開封して、温め直して出すような真似ができない(そんな工場はない)。
という話でした。
けっきょくのところ、客足が読めないのに均質なものが提供できない料理、ということです。そんなに豚汁って難しいのかな、とおもいますが、そうなのでしょう。
まぁ、BIGが当籤して億単位のおカネがはいってきたら、個人事務所の定款変更して豚汁の店を開業しましょうか。
世の中には納豆料理専門店があるくらいですから、朝6時から14時まで営業の豚汁定食専門店があってもよさそうなものですが。まぁ、塩鮭くらいはつけるとしても。。
関東圏の人口が多いエリアじゃないと無理か……。