美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

うどんとは。



片方は、徒歩5分ほどのところにある「松屋」の鍋焼きうどんです。
もう片方は、羽犬塚から甘木に帰る途中でいただいたうどん屋の肉うどんです。
やっぱりこういう薄口醤油と昆布だしの利いたすめ(つゆ)こそ、うどんだと思います。干し椎茸や鰹節主体のだしに濃口醤油を合わせると、旨みは充分なのですが、どうしても塩気が足らない。ピントが合わない味になる。吸い物の延長ですめを考える関西以西のほうが、味わいは上だと思うのですが……。どうなんでしょうね。