美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

日東紅茶 DAY&DAY ティーバッグ 100袋入り

毎度おなじみ赤貧です。
我が家の近所にあるダイレックスで、100個入り390円で売っている日東紅茶の御徳用シリーズです。同じダイレックスで、リプトンは360円ですから、ちょっとだけ高い。
味は昔ながらの「紅茶」です。ときどき楽しむスリランカ産のディンブラ紅茶のBOPとか、ウバなどとは、比べるべくもありません。というより、最初からそこを目指していないのは、あきらかです。もっと緑茶の国で、むかしのひとが考えた紅茶とはこういうものだ、というイメージや伝統を引き継いだ味といえるでしょう。
極めて飲みやすいのが特徴です。
ただ、はたしてどの程度、紅茶を普段使いにしているひとが存在するのか、そこが問題といえば問題。赤貧は、むかしから緑茶のこくが苦手で、紅茶やウーロン茶のさっぱり感が大好きなのですが、そういう味覚をもった日本人のほうが、少ないはずですし……。
残念な点は、安い茶葉が多いせいか(or某国産の茶葉が多いせいか)、ティーバッグをうっかり放置したままにしておくと、渋みがつよく出すぎること。某国産の単品は見たことがありませんが、その隣国は日本に代理店を設け、少数ながら輸出もしています。現地でも高級品だけあって、これはくせがなく、美味い。ただ、値段を考えれば、とうてい100袋入り390円で使えるわけはないので、しょうがないのですが。