美風庵だより

風にちる 花のゆくえは 知らねども

「廣松渉哲学論集」

二十数年前、ちんぷんかんぷんだった「世界の共同主観的存在構造」の最初のほうが収録されているとのことで、電子版を購入しました。
あれから二十数年経つのだから少しは判るようになったか?たんに老化しただけか?さあ、どうなることでしょう。