美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

津雲むつみ「ウェディング・イブ」

若いころ、仲がよかった女性の影響で、当時入手できる津雲むつみさんの作品はほぼ読んだ。「ウェディング・イブ」は、どろりとしたところがなくて、比較的読みやすかった。これではいって「風の輪舞」だったから、けっこうつらかった記憶がある(笑)せっかくなので、「花衣夢衣」も電子版にしてもらうとうれしいのだが……集英社に要望を送ってみよう。……と、ここまで書いたところで、「津雲むつみ」ではなく「花衣夢衣」で検索したら、すでにある……。
タイトルで検索すればよかったのか。うかつだった……。