美風庵だより

幻の花散りぬ一輪冬日の中

霊符神社





所用で八代市に行く。せっかく来たので霊符神社にお参りする。1年ぶりである。

                                                                              • -

祭神 - 北辰星・霊符尊星
由緒 - 霊符神社(れいふじんじゃ)は八代神社末社、鎮宅霊符神の総本社。推古天皇のころ、百済聖明王の第3王子琳聖太子が八代に日本最初の霊符神を伝え、白木山神宮寺(妙見宮の神宮寺)に鎮座した。信仰すれば、除災興栄、富貴反映を得るという。明治維新廃仏毀釈で荒廃したが、大正年代に再興。

                                                                              • -

wikiの説明のとおりで、妙見さまを祀る神社というより、妙見さまを図案化した霊符と呼ばれるものを祀る神社。すれ違うひとがいたので、いまでもそれなりに信仰をあつめているのだろう。まあ、こうやって、福岡からの帰りに立ち寄る男が居るくらいだから……。あと、驚いたのは、榊ではなく、ハナシバであるということ。神仏習合ですね。