美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

たべる珈琲

http://www.beanscoffee.co.jp/lineup/coffee.html
むかしからある商品なのだが、先日、高速道路の売店で買ってからのお気に入り。とうとう箱買いしてしまった。昼夜分かたず労働に明け暮れる赤貧としてはこういう高価なものはなるべく敬遠したいのだが、これはこれでじつに美味いのだ。それに1箱、カバンにいれて歩いたところで、重さなんてたかがしれている。
 
「本格珈琲の味わいが1粒に凝縮された、香り豊かなタブレット
 
と、製造元はPRしているが、コーヒーの香りとともに、豆から出る油の匂いもちょっと感じるのが気にはなる。紙フィルターに豆を入れて上からお湯をかけて抽出するのではなく、いったんお湯に豆を放り込んで、最後に濾したときに出る、あの油の匂い。
 
あと、どうしても錠菓としてかためないといけないから、なんの匂いかはわからないが、錠菓独特の匂いもついてくる。べつにこの「たべる珈琲」にかぎった話ではなく、むかしからあるラムネ菓子にも感じているものなので、これがなんなのかはわからないのだが。
最近のミンティアとかフリスクにはこの匂いがないので、たぶん、かためる際につかう技術と薬品が違うのだろう。