美風庵だより

幻の花散りぬ一輪冬日の中

「ふしぎな国道」

 
有機化学美術館へようこそ」という本があって、数年前に買って読み、こういう読み物レベルなら化学も楽しいなあ、と思ったことがあります。
たまたま紀伊国屋書店のサイトを見ていて、上記の本を発見。「神々の指紋」シリーズも読み疲れてきたし、ポイントも貯まってたので、購入してみました。
なんと、同じ著者でした。佐藤健太郎って知人にも居ますし、同姓同名の別人かと思いきや、著者プロフィールが同じ(笑)製薬会社辞めて、独立されてたんですね。
うちの近所でひどい道というと、以前はダントツに県道79号の佐田〜やまめ山荘間でしたが、ダム工事の関係でなんと離合できる道に生まれ変わり、もう、ああいう「険道」ではなくなっちゃいました。あとは、白坂越えと、かんかけ峠くらいかなあ……。