美風庵だより

幻の花散りぬ一輪冬日の中

城島酒蔵びらきに行ってきました



11日、雪が残るなか、城島酒蔵びらきに行ってきました。
例年どおり、花の露と比翼鶴で、生原酒を4合瓶2本ずつ買いました。
冷蔵庫に寝かせて、1年かけて、ゆっくりチョットずついただきます。時間が経つと、どうしても酒粕の匂いが出てきて、かつ、甘くなるのですが、それでも、普通にそこら辺で購入するものより、美味い。
不思議なもので、こういうイベントで、タレ焼きの焼き鳥もらいつついただくお酒は、純米酒とか吟醸酒ではないのですよ。美味いのは、普通のお酒。
つか、外で飲むイベントで、香味がわかるひと、どのくらいおるんやろか?