美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

「日に新た」

https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-82318-8

日に新た

日に新た

短い文章の中に、のちの「道をひらく」につながる中身が書かれております。わかりやすい。

                                                                              • -

松下幸之助が毎月の給料袋に忍ばせ、2万人の従業員に贈ったリーフレット。そこには、仕事も人生も充実する≪成功への金言≫が散りばめられていた。

 時は1950年代、松下電器(現パナソニック)の従業員が倍増し、資本金約3倍、売上高は約5倍に増大する飛躍の時代。一方で、業績とは裏腹に、直接顔を合わせることも、言葉を交わすことも少なくなった従業員との距離感に、幸之助は憂いを抱くようになっていた。会社が大きくなろうとも、仕事の意義や処世の道、有意義な日々を過ごすための心のもちようを、みずからの言葉で伝えたい。幸之助はそんな願いをリーフレットに込め、「きょうよりあすと生成発展する“日に新たな姿”が、それぞれの成功につながっていく」と随所で説いたのである。

 経営者やリーダー層はもちろん、あらゆる立場、年代の読者に希望を与える幸之助からの「幸福の手紙」を、待望の単行本化。当時のリーフレットを再現した復刻版レプリカつき。

                                                                              • -