美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

紅茶

おぢさんは、むかしから紅茶をよく飮みます。
日本茶は、お客樣用に抹茶とかを少し準備してゐるだけで、食事も薄い紅茶でいただきます。通ぶつてゐるわけではなく、澁みからくる、あつさり、さつぱり感がすきなのです。
緑茶だと、料理のもつコクや甘さが、あまりわからなくなると云ふのもある。なんせ「茶漬け」と云ふ文化が成立するのが緑茶ですのでね。
最近は、調味料でバランスをとつたうへで、ウーロン茶漬けなる商品も出てますが、基本的に、ウーロン茶では緑茶ほどアミノ酸含有してませんので、旨みはどつかから足さないといけない。
緑茶のお茶漬けのやうな、じつくり、レンゲや大きめのスプーンで、美味ひ美味ひとすするあの味には、ならない。
ただ、其れが過剩に感じる事も多いのです。旨みが過剩すぎると、どうしてもどれを食つても同じ味に思へてくる。