美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

中部フィル第51回定期演奏会



中部フィル第51回定期演奏会に行ってきました

本当に久しぶりの名古屋です。用事がないですから。今回、転勤した知人に会う用事もあって、秋山さんの演奏会に行ってみました。
フランクの交響曲を秋山さんで聴くのは、むかし九響定期で取り上げたとき以来な気がします。良い曲なんだけど、なかなか巡り会う機会がない。
前回、あまり細かくない棒だった印象がありました。楽譜見ればわかるとおり、簡単な曲ですからそうなんだろうなと思ってたんですが、今日の棒を見て、普通にブラームスとかと変わらない細かさにびっくり。棒が音になる光景は広響でも見てましたけど、ここまではなかった気がします。悪く言えば、依存して演奏家側の主体性がない、がっぷり四つに組む姿では無いわけで、その段階に到達したとき、先発のオーケストラに負けない存在になるんでしょうね。
とはいえ、曲を聴く、という点では、安心して聴けたのも事実で、慣れや手垢と無縁の姿は、秋山さんさすがだな、と思います。
実際、オケの巧拙はあるとはいえ、聴き甲斐は九響のときより上だった気もします。
前半の2曲はプルチネルラ目当てだったんですが、レスピーギのほうが良かったです。物悲しめの曲をねっちりと歌わせるのは、秋山さん上手いですから、悪くなるはずがない。
しらかわホールにはじめて伺いましたが、客席のつくりがゆったりしており、容積が大きく天井も高いため、いい響きと快適さの両面が高いレベルで両立しています。福岡でこういうホールがあるかというと心許ないわけで、経済力と文化の差を感じます。