美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

「最新 奇門遁甲術入門」

最初見かけたのが1月でして。
市立図書館で見かけてすこし読み、「方位術……( 一一)あたんの?」と半信半疑だったのですが。
その後、7日の九響定期の帰りのジュンク堂で見かけ、
さらに、雑誌を買いに立ち寄った市内書店で見かけ、
「沈黙」長崎公演で、ホールの開場を待つあいだ、観光ガイドを立ち読みしようと(をい)入った書店で見かけてしまい、
「これも縁かもな……買うか( 一一)」
してしまいました。
 
で、しばらく読むと、パワーボックスなるものが出てくるわけです。
 
方位術にこだわるひとが、新築した家の入居時にあわせて炭・泥人形・貴金属・磁石を運を呼び込みたい吉方に穴掘って埋めるという話はむかしきいたことはありましたし、実際に久留米に居たころ、でかい屋敷の隅を掘って炭を大量に埋めてるのは見たことありました。
でも、そういうのって「疑似科学な縁起担ぎ」で、どの程度効果があるのか疑ってたのが正直なところなんですが、材料買い揃えても1000円くらいですし、まあ、だまされてみてもいいのかなと(・∀・)
 
さっそく、2月は北が吉方らしいので、エアコンの下、衣装掛けと壁のすき間にコップで作って置いてみました。
 
どうなることやら(・∀・)
BIGどーんと6億あたんねーかな。