美風庵だより

風にちる 花のゆくえは 知らねども

床拭き(゜゜)

颱風で仕事場に呼び出されるかもしれないので、字の稽古と牀のざうきんがけとごろ寢をしながら過ごしてゐる。朝の寒いくらゐの調子から、風がぬるくなつてきたし、耳がジンジンしてきたので、だいぶ近づいてきたのかもしれない(゜゜)