美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

昨日は出張でした。

昨日は、羽犬塚〜八女福島方面に出張でした。
歸り、JR羽犬塚驛に戻るため、H川バスを利用したのですが。
このバスの運ちやんがまあ、昭和テイストなかたで(^^;)
もうN鐵の運轉士とかぢや、絶滅してる仕事熱心ぶり。
 
まづ、途中で女子高生が下車しようとしたら
「ねえちやん!お前このまへ小錢ごまかしたやろ!20圓。俺はみたぞ!氣が附かんとおもふとるとや!」
とすごみ、女子高生に追加で金を拂はせました。
 
すげー(゜゜)と思つてたら、
今度は終點の一つ手前で降車ボタンもないのに停車。
「ぼくー」「ぼくー」
と大聲を出し始めた、
後ろを振り返り、
「おい兄ちやん、惡いけど反對側の小學生たたき起こしてくれんかね?」
と要請。
 
高校生が起こすと、
「ぼく!お前いつつも寢とるやろ!おいちやんが顏覺えとるからいいが、お前ほかのお客さんに迷惑ぢや!」
と説教。
 
小學生、あわてて財布から小錢を出して逃げ去るやうにバスを下車。
 
終點。おいらが運賃箱にお金を入れて下車して振り返つたら目が合ふ。
ん?(゜゜)をれなんかした?
と思つたら、お客さんが下車する途中なのに、
「おい!ねーちやーん!」と叫びながら、エンジンだけ切つて降りてきた。
ん?おれはねーちやんぢやないぞ?(゜゜)
と思つてたら、おれの横をすり拔け、女子高生をとつつかまへに行く。
追ひついて「おまへ、定期劵日附切れとるやろ!」と女子高生に説教。
 
いやあ、仕事熱心ですなあ(o^―^o)
 
N鐵の運轉士でこんなの最近見たことないや。
つか、N鐵の場合、nimocaみたいなICカード導入してるからここまで必死に成らんでも捕捉出來てるだけなんだらうけどね……。
 
やつぱ偶にわN鐵以外のバス會社に乘らんといかんね。