美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

墨の色

「墨なんてどれも同じようなものだらう?そんなに買ひだめてどうするのだ?」といふ聲をいただくことがあります。
 

今、練習に使つてゐる墨を3つ竝べて寫眞を撮つてみました。
どれも安いやつです。5丁型(75g)サイズで2000圓くらゐで入手できます。
 
竝べると違ふの判りますかね?(^^;)
 
右端の無彩色のものがいちばん書きやすい。
トロトロになるまで磨つて、筆につけて書くのにちようどいい感じです。
でも眞ん中とか左端のはうが、書いた時の色味はいいんですよね。左端はちよつと青味のある感じに仕上がるし、眞ん中は厚い純黒に仕上がる。
磨り心地とか、色味の違ひを樂しむのも樂しいものなのです。