美風庵だより

風にちる 花のゆくえは 知らねども

梅醤油

とってきた梅を、いつもの容器に詰めてみました。
で、これに濃口醤油をいれるだけ……とネットにはよく書いてあるんですが、実際には、梅の実のだいたい12%位の食塩を足しておいたほうがよいです。たぶん、冷蔵庫のなかでずっと寝かせるんだったら塩分を補強する必要はないんでしょうけど、おぢちゃんの場合、常温で熟成させるので、どうしても塩分がひくいと痛むのでね。
醤油と食塩と、量の調整に多少水を加えたのがこれです。この時点で舐めるとめちゃくちゃ塩辛いです(◎o◎)だいたい2,3か月くらい寝かせると、種の中の青酸配糖体が分解していい香りになり、クエン酸が醤油にうつってとてもさわやかな味になります。
 
何に使うかと言うと、まず、刺身醤油です。
市販の甘くてどろっとした刺身醤油は、おぢちゃんは正直好きじゃないんです(*_*)
たしかにブリとかマグロの脂ののったやつはあれで食うと美味いんですが、おぢちゃんはこってり脂ののったお魚ではなく、白身魚のお刺身を喜んで食うタイプなので、あれだと強すぎる。この梅醤油で、わさびたっぷりつけてお刺身をいただくのが好きです。
で、もっと言うと。
この梅醤油に浸らせて、スーパーで買ってきた刺身の切り落としを1日冷蔵庫で寝かせます。
で、ご飯に切り落としをのっけて、一味とショウガをのせて、沸騰したお湯をジャーとかけてお茶漬けにする。
マヂ美味い(つД`)
 
他にも使えます。
素麺のすめ(つゆ)に使えます。出汁を作って、火を止めてから少しずつ梅醤油を加えて味をみる。
ちょうどいいところで、容器にいれて冷蔵庫で冷やしておきます。