美風庵だより

幻の花散りぬ一輪冬日の中

谷崎を紹介したなら

眠れる美女 (新潮文庫)

眠れる美女 (新潮文庫)

 
川端康成のこちらも紹介せねばなりますまい。
これもね、大好き(#^.^#)
 
花影 (講談社文芸文庫)

花影 (講談社文芸文庫)

大岡昇平さんの「花影」。
「それから闇が来た」ですよ……もうこの結末だけで手が震えちゃう(#^.^#)すばらしい小説です。つか、永遠の目標。
 高井有一さんの「北の河」が収録されてます。
これもね、大好き。高井さんの作品だと、「夏の日の影」とか「少年たちの戦場」とかもね。好き。
 
残りの雪 (新潮文庫)

残りの雪 (新潮文庫)

冬のかたみに・夢は枯野を (立原正秋全集)

冬のかたみに・夢は枯野を (立原正秋全集)

立原正秋さんなら、「夢は枯野を」と「残りの雪」でしょう。ほかにもいい小説あるけど、まず読むならこれかな。
 
ダメなのよ。結局ね、こういうオールドファッションな文学じゃないと読めないし、頭がついていかないの(^-^;
ごめんねおっちゃんで。