美風庵だより

幻の花 散りぬ一輪 冬日の中

沈香の刻み

最近はお香も線香ではなく、沈香の刻みばかりです。
たぶん、桐箱に入ってるだけでも100gはあると思います。もっとあるかもしれません。
昔、実家に居た頃、実家の裏の祠に毎年焼香するために買っておいたのを、そのままそっくりこっちに持って来ちゃったんでね(^_^;)
正月早朝から若水汲みに行って、それと焼香をお供えしてたんですが、普通のお寺で使うようなのじゃ高級感ないし葬式場みたいだったんで、おいらは沈香の刻みを買ってたんですよ。
普段は自分が使えばいいしね。
当時でグラム300円くらいのだから、正直いって少しも高級品ではなかったんですけどね。それでも、普通の焼香にはない甘い素晴らしい香りがして、そりゃもう新春のお祝いにすっごくいい気分だったものです。
 
今年は、普通に仏具店で売ってる焼香が置いてありました。で、なんか親戚が言うには「こっちのほうがきりっとしていいよね。あれの好みかもしらんが、高いばっかりで砂糖がこげたげな匂いじゃなあ」らしい。
沈香のそこがいいところなんだけどな(´・ω・`)鼻カワイソス……