美風庵だより

幻の花散りぬ一輪冬日の中

久留米市大橋町 箱崎八幡神社(1)

goo.gl福岡県神社誌では祭神が応神天皇とされており、注目すべき神社から外していました。

先日、たまたまここが玉垂命を祀る神社であること知り、6月1日に訪ねてみました。

事前にgoogleマップを確認すると、車を停められそうな場所があまりありません。現地に行けばどうにかなるだろうと思ったのですが、なかなか厳しい。

ふと柴刈史跡公園という看板が見えたので、なにかの公共施設であれば駐車場に停めさせてもらえるだろうと入ってみたら、駐車場は赤貧だけで、余裕で駐車できました。

f:id:bifum:20190601093750j:plain
f:id:bifum:20190601093407j:plain

調べると、公園がむかしの大庄屋塩足家の屋敷跡らしいのですが、荒れ放題でほとんど空き家とかわらない状況です。おそらく、誰も手入れをしていないのでしょう。市の施設などではないようです。そこから2分も歩くと、天満宮があるので入ってみました。

goo.gl田主丸町菅原という地名もさることながら、この一帯は、菅公を祀る天満宮の密集地帯です。鳥居はまだ2、30年くらいと思えるのですが、社殿の傷み具合が激しい。境内に塩足集会所が併設されています。

菅公が九州に上陸した経路については諸説あるのですが、赤貧が子供のころに聞かされたのは、防府から九州に渡ろうとしたところ舟が流されて椎田に着き、そこから大分、日田、筑後川を下って北野に上陸し、大宰府に向かったというものです。一般には椎田に漂着したあと、本人の希望で下関までいちど戻り、宗像、博多経由で大宰府に入ったとされています。

菅原道真 - Wikipedia

伝承についてはwikipediaを読んでいただくとして、あくまでも仮説ですが、追っ手(暗殺者)を避けるため、菅公の一行が複数に分かれて進路をとったという可能性はあった気もします。この場合、菅公が会ったことになっているいくつかの伝承は、影武者と面会していたことになるのですが、それもアリな気もします。

まったく箱崎八幡神社の話にたどり着きませんでしたが、続きます。

(つづく)

 

 

久留米市北野町金島 宮地嶽神社 玉垂御子神社

goo.gl

f:id:bifum:20190601085037j:plain

6月1日、応神天皇出生地の言い伝えがある豊比咩神社と併せて、「宮地嶽神社 玉垂御子神社」にもお参りしました。大字が違うとなにか遠いところのように思えますが、徒歩2分ほどです。
じつはここに車を停めて、豊比咩神社に先にお参りしました。
由来は、案内板を読んでいただくことにして、重要な点は、神功皇后を祀る豊比咩神社と宮地嶽神社がほぼ同じ場所に存在することと、併せて武内宿禰の子供9人が祀られていることです。宮地嶽神社のほんとうの御祭神は、若き日の玉垂命であるという説もあり、そうなれば妻子と本人がそろい踏みともいえます。

f:id:bifum:20190601085017j:plain

鳥居には二つの神社が並記されています。

f:id:bifum:20190601085102j:plain
f:id:bifum:20190601085150j:plain

社殿はひとつであり、神紋は宮地嶽神社の「三階松」です。

f:id:bifum:20190601153341p:plain

玉垂御子神社については、福岡県神社誌に記載を見つけることができましたが、宮地嶽神社のほうは金島村の項目に見つけることができませんでした。ただ、三階松を社殿の神紋にしているわけですから、こちらのほうを地元は重視していたはずなので、少し謎です。もしかすると福岡県神社誌をきちんと読めていないのかもしれません。よく探してみることにします。

葉っぱが落ちる

f:id:bifum:20190607064056j:plain

7日、朝方の4時ごろに一度起床し、なかなか風が強いと思ってはいたのですが、5時半ごろ外が明るくなったのでベランダをみると、風でキンカンの葉っぱがだいぶ落ちていました。
まさかこんなに弱っているとは思いもよりませんでした。
13日からお出かけなので、不在のあいだの水やりをどうするか、市販の水やりグッズなどをながめつつ思案はしているのですが、どんなものなのでしょう……。むかし、冬におでかけして寒さにかんきつ類がやられてしまっただけに、どうも1泊以上のお出かけは考えてしまいます。

久留米市北野町大城 豊比咩神社

goo.gl

応神天皇は、三韓征伐の帰途に筑紫の宇瀰(神功皇后紀。うみ:福岡県糟屋郡宇美町)、または蚊田(応神天皇紀。かだ:筑後国御井郡賀駄郷あるいは筑前国怡土郡長野村蚊田)で生まれたとされています。

久留米方面に所用があったので、6月1日、予定より2時間ほど早く家を出て、久留米市北野町大城の豊比咩神社を訪ねてみることにしました。
しょうじき、カーナビが頼りですが、地図に表示してくれません。googleマップで表示される近所の事業所を目安に、目的地をセットしました。

f:id:bifum:20190601085452j:plain
f:id:bifum:20190601085610j:plain

甘木から20分もかからず現地に到着します。
土曜日の朝8時という時間帯もあるのか、ご近所のかたが清掃奉仕されていました。
そのため、御奉仕のかたと車が写りこまぬよう今回は写真少な目です。

千木は、ここに女性の神様がお祀りされていることを示しています。

f:id:bifum:20190601085645j:plain
f:id:bifum:20190601085652j:plain

狛犬は片足がなく可哀想だと思ってよく見ると、おなかに菊の御紋を抱え込んでいました。

snk.or.jp事前に、昭和29年発行の「大城村郷土読本」にひととおり目をとおしていたせいか、奉仕されている老人のかたに質問し確認するような感じになりました。
----------------------------------------

http://snk.or.jp/cda/ohokisi/furoku/4toyohime.html

(略)

また杉山正仲は筑後志に豊比咩神社のことをのべ「(略)或人曰く御井郡塚島村に大石を以て造築せし大塚あり、往古より里民これを止誉比咩宮と称すと。又同郡大城村の内蛭尾(ひるお)と号する処に大石二祠あり。里俗にこれを豊比咩の神という。何れか是なることを知らず。嗟矣夫豊比咩の社は正史に歴然たりと雖も、今其蹤考ふべきもの無きこと慨歎に余リあり。」とあります。

(略)

神霊の至すところ、九州が平定したので、御子国乳別皇子を長く、祭祀の御手代としてとどめられました。成務天皇のとき、筑紫道之中に勅して御井郡を当社道主貴の神部とし、稲置・楯矛をもってそのしるしとされました。稲置の居跡は後に稲数村といい、楯矛等をおさめる兵庫の遺跡を陣屋村というようになりました。
やがて三潴郡国乳別皇子の領所として永く筑紫道之中の藩屏とされましたが、水沼君こそはこの国乳別の子孫であり、赤司大宮司も水沼君の末裔として今日に至るまで懈怠なく神に仕え、河北惣大宮司として相続したわけです。
神功皇后が西征の途に於て中ツ海(有明海~当時の筑紫平野)を渡られるに際しては、水沼君は軍船をととのえて有明海を渡し、蚊田行宮(稲数村)を建ててこれに迎えました。皇后三韓退治後ふたたび蚊田行宮に入らるるや水沼君はこれを迎え、軍船の名残をとどめてその記念とした。遺卯の御船といって後世長くのこされたのはこれなのです。
皇后は蚊田宮に応神天皇を分娩されるに際しては、水沼君は高天原よりうつしたという潟の渟名井の霊水を産湯として奉った。潟の渟名井は道中の神井として神聖を保った霊泉でした。皇后は縁故ふかい道中の当社に妹豊姫命を道主貴としてととめられ、長く西海の鎮護として重要視されました。そのために当社を豊姫之宮と稱するようになったが、神名帳には止誉比咩神社とあります。

(略)
----------------------------------------
日比生と書いて「ひるお」と読みます。

水沼君は、筑紫君であり玉垂命のことです。つまり神功皇后の出産の為に行宮(あんぐう)を玉垂命が準備したと伝わります。「妹を道主貴としてとどめられた」とあるのは重要です。道主貴は天照大神の子供である三女神とされており、宗像大社はその伝承のもとに成り立っているわけですが、神功皇后の妹が道主貴であれば、あの宗像大社の本当の御祭神は誰か?よく検討しなおさなければならなくなります。
ここで、三韓征伐から戻った神功皇后のために仮宮を建てる玉垂命とのただならぬ関係がうかがえます。

高良玉垂宮神秘書で、玉垂命と神功皇后は夫婦となったとあります。豊姫の夫は、住吉三神表筒男命と伝えられています。
なお、神秘書では表筒男命は、高良玉垂宮の宮司家であり、住吉三神の次男 中筒男命崇神天皇であり、三男 底筒男命が玉垂命であるとされています。これをそのまま信じることも可能でしょうが、神功皇后の故地であり、ここに祀られているのは神功皇后であると思いたいところです。

朝倉市甘木水町 稲荷神社

goo.gl

f:id:bifum:20190530174026j:plain

赤貧の通勤ルート上に存在する小さいお稲荷さんです。てっきり個人的なものかと思っていたのですが、無格社として福岡県神社誌に記載されているのをみておどろきました。

御祭神はウカノミタマとされています。国語辞典をひけばわかりますが、ウカとは「食」のことです。要は「食の御魂」というわけで、稲の霊を示しているとされます。稲荷神社については、このウカノミタマ(食の御魂)を祀るものと、豊受大神トヨウケビメ)を祀るものがあるという説明を目にします。ところがこのトヨウケも「豊かな食」のことですから、おそらく同じだとみてよいでしょう。

今の食生活に慣れると、べつにご飯がなくてもうどんやラーメンを食えばよい、パンでも良いと考えがちですが、むかしは稲作ができるかどうかが、土地の価値を決める重要な点でした。むかしのひとの労働量からすると、炊いた玄米と塩だけでおおよそのカロリーと必須栄養素がとれていたという話もあります。今ではごはんだけで必須栄養素まで満たそうなんて思いもつきませんが、それだけ重要な食物だったわけです。
農耕の神様から拡大解釈され、とにかく食いっぱぐれないようにお願いをする場所になってしまっていますが、おそらくこの稲荷神社も、農耕の神様というより、商売繁盛の神様として祀られたのでしょう。

f:id:bifum:20190530221722p:plain

福岡県朝倉郡地図|福岡県立図書館

大正時代の地図をみると、どうやらいまこの神社がある横に、地元を走る鉄道会社(両筑軌道)の本社事務所があったらしいのが、ひっかかる点ではあります。もしかすると、この神社の勧請元はこの鉄道会社だったのかもしれません。